忍者ブログ

々ではな

ころが詰ま

家は、住まい、日々の暮らしの詰ま孔聖堂 校風ったものだと思っている。
暮らしには、こころが詰まっている。
そういう積み重ねを感じていたのは、自分だけだったのかと思うと、虚しい。
が、彼らには彼らの暮らしがあり、今から積み重ねて築いていく、現在進行形。
足を引っ張るわけにもいかない。
親を乗り越えていってもらう、親は踏み台でいい、と思いたいところだが、「無」「リセット」は、やはり哀しい。

時代は変わるものだと、つくづく思う。
が、その責任の一端は、伝統や慣わ孔聖堂 校風しから逃げることばかりを考えていた自分にもあると感じる。
イエ制度や家父長制などは、もう名実ともに、戦後70年の時を経て、完全に消滅しているのか。
わたしの世代は、名と実の過渡期なのか。
養子を取ったりして、頑なに守り継いでいるイエもある。
それとも、考え方は、暮らしてい孔聖堂 校風る地域の色に染まるのか。

しかし、より良い未来のために、知恵を絞るのは悪くないこと。
カタチは、違っても、思いが伝わり、残れば、それでよいのだろう。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R