忍者ブログ

々ではな

からのことを気に入っ


一つは「感谢あれらのかつて彼女が一番苦しいとき最も暖かな手をのばしてだ」と話した。一つは「感谢してきた「に対しては黙って支持と愛の友人です。」したがって、私はその幸運児を一册の半額一冊の本が無料だ。

静かな夜に寄り掛かってひったくるように记忆の鍵がかかっている。この如水种类の时间の中で、なかなか財布を押しのけてその记忆の窓、恐れられてはまた触れ慌てるの目を引いた。どこからか「時間がどこに行きました、まだよく若さは老人になって……」柔软を胸のだった。今、このようにして、数著行か里のが細かく时间、柔らかなとりとめのないように、旧光がマイナスがすぐ目の前では、悲しみ、楽しい。荷物放とうこのようにして、悠然と不知道是一轮の花を噛缔め记忆を取り上げるのは、思考の遅さって、思ってそっとをめぐり、目の前には暖かかっの色は星空。

「一人一人の心の中はすべてがこれほどに建っていた古屋の、人生を全部または部分の时间を使うし1段の忘れ难い记忆がなくて、しかし、殆んど古屋主人去っていった跡——■垣敗の壁に、时间の长い川に落ちて待っていたが、无駄人は古屋あたり逡巡するをうろうろして、誰かに诉えないにもかかわらず、ということは、に言っても無用、究極的には帰れない。これはいちばんのしようがないことだ」と述べた。そこで、彼女たちはこの広げ、満册の考え事をたたいているが落ちて、キーボードの上で、結集こまめなインスタントだった。一瞬後が见られるのは、情致の婉约のほうをちらりと見ててこの明遼千万な文字。その瞬间に、私(わたし)のないかく静かで、ささげる著1册の本、エンロン歩き、彼女たちの感情の世界で、ひたすらつまみ始めさせ一節のように静かに笑みを浮かべていた。

「浅草すれば也」(月「雨袂ソロ舞台」;せりふを谕蓮×1、云水禅心です;一つは「現世、および文字ので場の爱です。一つは「武林付き添うと、舞一曲とある汉诗です宋韵の风釆だった」と話した。;一つは「歩いている文字の世界の中で、ひとつの静かなさそうだった。」一つは「一杯のやさしい心を携え如水端座红尘の奥、破墨写意だった」と話した。一つは、「月いっぱいでそれを、許】がいたらあなたは倾城優しいよ」一つは「衣袂ヒラヒラヵ所、考え事が蓮だ」と話した。

偶然の機会であり、幸运に加入して、孫の亲友である行商ひかれたため、それが彼女たちには缱绻の感情の世界の中にいます。彼女たちのなかへ入っていった文字空間は、ドライブ?あのムービーを満コブシの花の山野、心細くへ入っていくと、心の『エデンの园はみたいに亲切、温かい。ことさら時、またあの辞書は二度とでもなじみの本であり、いつも好きのような文字でこのような趣だったので、小刻みに読んで、小刻みに飲んだ。



PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R