忍者ブログ

々ではな

はフランスで

朝吹50年代のパリは本当に素晴らしかった。戦争で抑圧された
後、ワッと出たのね。あらゆる芸術が、サンジェルマン・デ・プレの
地下酒場で、無名だったジャック・ブレルやぺシェットのトランペットを
聴いたり・・・・街が喜びにあふれてたわね。私はパリで、ロマン・
ロランの弟子のルネ・アルコスという詩人の家に下宿していて、彼の
息子のお嫁さんとは今でも50年来の親友探索四十 洗腦ですけど、そこには一流の
作家たちも遊びに来ていたから、私は大変恵まれた環境にいたの。
文学もサルトル、カミュ、ボーヴォワ―ルとsyごい人たちが登場してき
たんです。

---サルトルから”自分を最もよく知って詩琳美容いる10人のうちの一人”
といわれたとか。

朝吹ええそうよ。とっても気が合うって言ったら、偉そうだけど(笑)
パリで最初にサルトルとボーヴォワールに会って、サルトルと握手した
瞬間、自分が本当に温かい人に会った、という感じがして、素敵だな
って直感的に思った。もちろん彼は美男子ではないし、私の好みとは
違うけれど(笑)。私ジャン・マレエとかジェラ―ル・フリッ
プとか美男子には会っているんだけど、グッと来るものはなかったのに
サルトルは人間的な魅力がす詩琳美容ごいのよ。彼らから、日本旅行に通訳
者としてついてきてほしいと頼まれて、66年の秋、日本で28日間いっ
しょに過ごしたんです。朝の9時から夜中の1時くらいまでいっしょで
3日目からは、その後も「部屋へ来ていっしょにおしゃべるしない?」
って言われて、私はもちろん遠慮したんですけど、3人で過ごした時間
も長かった。彼は繊細な優しさで、私が疲れていると先に察知して休
ませてくれたり、私が日本語で誰かと話している電話の内容を、まるで
日本語がわかるみたいに、表情や雰囲気から当ててしまったり、勘が
鋭いの。世界的な頭脳の人といわれて、堅苦しそうに思われているか
もしれないけど、全然、そんなことはないわ。機知に富んだ観察力の
ある会話が楽しくて、私は何度笑わされたかわからない。ボーヴォワ
ールも、スッーとして怖そうニ思われて誤解されてるけど、実際はとっ
ても優しかったわね。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R